記事一覧

チックタック×ポーリー・ファーンの腕時計

チックタック(TiCTAC)とイギリス人アーティスト、ポーリー・ファーンとのコラボレーションによる腕時計コレクションの再販が決定。売り切れが続出していた人気モデルが再び店頭に並ぶ。

チックタック×ポーリー・ファーンの腕時計が初登場

イギリスの都会を離れ、豊かな自然の中にあるアトリエを拠点に、陶芸家・イラストレーターとして活躍するポーリー・ファーン。ポーリーにとって初となる本ウォッチコレクションには、彼女の柔らかなタッチと温かみのある色合いが生み出す“新しい懐かしさ”をデザインに落とし込んでいる。

9種類のフェイスとベルトを自由に付け替え

フェイスとベルトは個別に展開。それぞれ9種類ずつが用意されており、その日のコーディネートや気分に合わせて、自由な組み合わせを楽しめるのが特徴だ。

小さな絵画のような「ピクチャーフレーム」

例えば「ピクチャーフレーム」は、花瓶のイラストを文字盤に描いたフェイス。モデル名の通りケースを額縁に見立てることで、時計を小さな絵画のように楽しめる。ベルトはパステルカラーやストライプ柄でポップに、あるいはダークカラーでシックにと、自分好みのコンビネーションを探してみてほしい。

このほか、陶芸作品にも度々登場するモチーフである「花を持つ人」を文字盤にデザインした「フラワーピープル」、手描き風のインデックスをワンポイントにしたシンプルデザインの「フラッフィー」など、全3種類のシリーズに3種類ずつの異なる柄が用意されている。

【関連記事】:和歌山県の最新ブランド情報

エルメス“馬具の伝統に寄り添う”腕時計

エルメス(HERMÈS)の腕時計《ギャロップ ドゥ エルメス》からスモールモデルの新作が登場。

“馬具の伝統に寄り添う腕時計《ギャロップ ドゥ エルメス》PM

エルメスの馬具の伝統に寄り添う《ギャロップ ドゥ エルメス》PMは、騎乗時に足を乗せる鐙を象るように柔らかな曲線を描くケースと、ギャロップのスピード感や奔放さを彷彿とさせる革新的なインデックスが魅力の腕時計。リューズは、6時位置にシンメトリーに配され、エルメスのアトリエで制作されたカーフまたはアリゲーターのレザー製ストラップは、12時位置でケースに、6時位置で鐙に固定されている。

今回の新作では、《ギャロップ ドゥ エルメス》のまるでオブジェのような流線形のシルエットはそのままに、よりエレガントに身に着けられるスモールモデル3種類を展開する。

ステンレススティール製ケースのモデルとピンクゴールド製ケースのモデルのインデックスには、パウダー加工を施し、底辺に向かって広がる特徴的なインデックスを際立たせている。

また、134個のダイヤモンドをセッティングした18Kピンクゴールド製ケースのモデルには、18Kピンクゴールドパウダーを使用したインデックスを配している。共通して、数字の8のデザインは“逆さまの鐙”に見立てたフォルムだ。

関連記事:http://bnweke894.livedoor.blog/