身につける人の内面を映し出し、ライフスタイルや着こなしにも寄り添う「インティメイト・ジュエリー」。『Fashion』6月号では、スタイリストの伊藤美佐季さんのナビゲートにより、自分のなかに静かに眠る美しさを引き出すような、新たなジュエリーに出合うためのヒントをお届けしています。今回は、「ティファニー」の色石リングをご紹介します。 私のなかの新しい魅力に出合う、インティメイトな「ジュエリー新流儀」 身につける人の内面を映し出し、ライフスタイルや着こなしにも寄り添う「インティメイト・ジュエリー」。『Fashion』6月号では、スタイリストの伊藤美佐季さんのナビゲートにより、自分のなかに静かに眠る美しさを引き出すような、新たなジュエリーに出合うためのヒントをお届けしています。 今回は、ジュエリーの「つけ方バランス」の新流儀について、「ティファニー」の色石リングをご紹介します。 新流儀:色石で、ブローチで…「つけ方のバランス」も新流儀 「ジュエリーはどうつけるかも大事です。ときには発想の転換をして、今までとは違うつけ方を楽しんでみて」と、伊藤さん。 例えば大粒の色石はひとつだけと思いがちだけど、色合わせを楽しむようにふたつつけてみる。ブローチはジャケットに、と思いがちだけど、帽子につけたり、スカーフにあしらったり…。 「新しいつけ方には発見がある。自分の知らなかった魅力を引き出すことにも」 「ティファニー」指先からこぼれ落ちそうなブルーと緑の色石を並べて 大粒の色石リングを思いきってふたつ、空のようなブルーと瑞々しいグリーンを並べることで、指先から豊かな美しさが広がる。